快適な住宅を建てるなら

関口建設

岩手SHS会

  • トップページ
  • SHS工法について
  • 4等級を取得
  • 会社案内
  • 建設事例
  • 低炭素住宅について
  • なが〜く暮らせる家
  • kinoie@mint.ocn.ne.jp
  • スタイロフォーム | エコリフォームならお任せください!
  • 省エネ住宅ポイントについて PDF1MB
  • 長期優良住宅について

長期優良住宅 | 「ながーく暮らせる家」はこちら

なぜ、今SHS工法?

SHSは業界初の外張り工法です。

『スタイロ・ハウス・システム』の頭文字を取りました。SHSの特徴は、高性能断熱材のスタイロフォームを使用した業界初の外張り工法です。長い人生を託すことになる住宅を、文字どおり外側からすっぽりスタイロフォームという断熱材で包むことにより、高気密・高断熱の高性能住宅を実現する事ができます。熱効率も良くCO2の排出を極めて抑えることができます。壁面・壁内に発生する結露を解消し、同時に住まいの長持ちに大きく貢献する、それがSHS住宅です。

SHS工法の住宅は、
全棟気密測定を義務づけています

SHS外断熱工法では、住宅の一棟一棟に気密測定を義務づけ、完成した住宅にはその結果を添付して建て主に報告致します。断熱施工後の気密測定により漏気部分を特定し、補修しますから SHS外断熱工法住宅は、科学的な数値に裏打ちされた確実な住宅性能が得られます。気密性能は、暖房・冷房時における室内温度環境ばかりではなく、壁の中の躯体構造にも影響を与える重要な性能です。気密測定は、住宅性能を高め省エネルギーを実現させるために、最も重要な測定です。

高気密・高断熱の必要性

日本が京都議定書の目標値を達成できるかどうかは、民生部門の省エネルギーを達成できるかに掛かっていると言っても過言ではありません。民生部門とは、すなわち『家庭の省エネルギー』です。主に住宅を対象とした建物の断熱化は、建築物の対策として大いに期待されています。高気密・高断熱で住宅を建てることは、熱効率を改善しエアコンや暖房効率を高めることは勿論、家計・環境ににやさしい住宅を建てることになります。この省エネルギーの基準値を上げることが今求められています。

地球温暖化対策が家計にやさしい住宅になります

CO2の発生が及ぼすオゾン層の破壊による温暖化は深刻な問題です。エアコンを使用する頻度は高気密・高断熱のSHS住宅はここがポイントになります。気密性の良くない住宅は熱効率が極めて悪く、地球温暖化の原因となります。熱効率を改善することが温暖化対策につながり家計にやさしい住宅になります。

リンク

  • 岩手SHS会
  • 東北SHS会
  • DOW Building Solutions
  • エクセルシャノン

〒988-0057 宮城県気仙沼市所沢166-9 TEL:0226-23-7972 FAX:0226-22-9353